育児

おすすめの信号機グッズまとめてみた!【絵本編】

どうも、あんまんです(`・ω・´)/

子供って何故か信号機が好きですよね(うちだけでしょうか?)

我が子は毎日のように「赤信号!」「黄色は注意!」と信号を指さしています。ピカピカと光るのが楽しいのかもしれませんね。

という訳で、今回はそんな子供達に大人気?の信号機が出てくるおすすめの絵本をまとめてみました!

Sponsored Links

しんごうきピコリ

パトカーくんが「あおはすすめ」「きいろはとまれ」「あかはぜったいとまれ」と信号の見方を教えてくれます。

ですが信号が突然ピンク色になります。「ピンクはさかだち」「きみどりはジャンプ」と車が逆立ちをしたりジャンプをしたりします。

じゃあ全部の色が付いた時は?発想力が豊かになりそうな一冊です。

発行日 2017/4/14
著者 ザキャビンカンパニー
ページ数 34ページ
対象年齢 幼児から
しかけ要素 なし

ぴかくんめをまわす

信号機のぴかくんはあお・き・あかと規則正しく信号を送り交通整理しています。

ところが突然ぴかくんが目を回してしまいます。交差点は大混乱。

出勤時間等賑やかな街の様子が描かかれており、信号の必要性を学ぶことが出来ます!

発行日 1966/12/25
著者 松居 直
ページ数 28ページ
対象年齢 4才から
しかけ要素 なし

あかくんとあおくん

赤信号の「あかくん」と青信号の「あおくん」。二人とも車や通行人を止めたり歩かせたりとそれぞれのお仕事をしていました。

ですがあることがきっかけであかくんとあおくんは喧嘩してしまいます。そしてなんと二人は離れ離れに。

歩行者用信号機が主人公の珍しい絵本です。この絵本を読んだら、歩行者用信号機を見るのが楽しみになりそうですね!

発行日 2014/9/8
著者 ガブリエル・ゲ
ページ数 32ページ
対象年齢 3歳から
しかけ要素 なし
Sponsored Links

しんごうごうくん はたらくくるまなにかな?

信号のごうくんは町の人気者。はたらくくるまくんたちと、とっても仲良し。「うーうー」と音がして、やってきたのはなんの車かな?

信号好きなお子さんだけでなく、働く車好きのお子さんにもおすすめの1冊です。親子であてっこすれば盛りあがる事間違いなしですね!

発行日 2009/12/2
著者 やまもと しょうぞう
いちはら じゅん
ページ数 23ページ
対象年齢 0~2歳
しかけ要素 なし

プータンとしんごうのパックン

プータンは赤い車に乗って遊びに出掛けます。ところがしんごうのパックンが赤信号でとうせんぼしてしまいます。

物語の内容に合わせて信号を手動で点灯することが出来るので、子供達もより物語に引き込まれていきます。

発行日 2007/11/25
著者 ならさか ともこ
おおむら ゆうこ
ページ数 18ページ
対象年齢 幼児から
しかけ要素 信号の青、黄、赤の部分を押すと点灯

たのしいのりものえほん

こちらの絵本はエンジン音と共に信号が光ります。

信号だけでなく踏切やマスコンやハンドル、マイク等が付属しているので沢山遊べそうですね!

発行日 2012/04/01
著者 矢川雅春、浜かをる
ページ数 34ページ
対象年齢 2歳~
しかけ要素 マスコン、ハンドル、マイクの操作が出来る
アナウンス、踏切、信号、働く乗り物等の音が鳴る
信号、踏切、サイレン等が光る
おすすめの踏切グッズまとめてみた!【絵本編】 どうも、あんまんです(`・ω・´)/ 我が子は踏切大好きな所謂フミキリストっていうやつです。 最初は珍しいな~と思っ...
Sponsored Links

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です