お出掛け

イタリア新婚旅行記~ローマ編~永遠の都は観光客だらけだった

イタリア旅行といえば、外せないのがローマ観光ですよね。

私達一行は永遠の都と言われているローマの、コロッセオ、トレビの泉やスペイン広場等の定番観光スポットを目指し、この日もバスに乗り込みました。

バスで移動の途中で、あの有名な真実の口がある場所を通り過ぎました。檻?の様な場所を指さしながら「この奥に真実の口があります」とガイドさんが言っていましたが、言われなければ気づかなかった程、ひっそりとした場所でした^^;

なんとなく、札幌の時計台的なスポットなのかなぁと思ってしまいました(ごめんなさい)。まぁ元々は下水溝のマンホールの蓋だったそうなので……ローマの休日の影響は凄いなぁと思いました。ローマの休日ファンの方や、カップルや団体で楽しむのには良いスポットなのでしょう。

ちなみに凱旋門と聞くとフランスのエトワール凱旋門が思い浮かびますが、イタリアにもありました。

コロッセオの隣にどーん!と立っていて非常に目立っていて、上を向いて写真を撮っている観光客の方が沢山いました。こちらはコンスタンティヌスの凱旋門と言い、世界最古の凱旋門なんだとか。

そしてコロッセオがこちら。かなりの大きさにテンションがあがり、両手を上げて記念撮影しましたが、この闘技場で遠い昔にどんなことが行われていたか……考えるだけで身震いしてしまいますね。今はもちろん写真の通り、観光客だらけで平和な状態です。

コロッセオの中も見学できますが、有料の様で出入り口はきちんと整備されていました。是非見てみたかったのですが、時間が無かったので泣く泣く断念。また、フォロ・ロマーノも見に行ったのですが、生憎修繕中であまりよく見られませんでした。トホホ。

ちなみに、コロッセオの近くには兵士の恰好をしている方がいたりしますが、一緒に写真を撮るとお金を請求されるので要注意です。一体いくら取られるのでしょう?とても怖いですね。

その後トレビの泉にも行きましたが、こちらもタイミングが悪く修復工事を行っていた為、水が張られていない状態でした^^; この修復工事は2015年11月に終了していますので、現在はきちんと水が張られているトレビの泉を見ることができますよ♪

トレビの泉には伝説があり、泉を背中を向けて、コインを1枚投げると再びローマを訪れることができるんだとか。恋愛を成就させたい人は2枚、恋人と別れたい人は3枚のコインを投げると良いらしいです。欲張って沢山投げると意味が変わってくるので要注意ですね!

トレビの泉近くのジェラート屋さんでジェラートを食べましたが、やはり本場のジェラートは非常に美味しかったです。種類が多くて選ぶのに時間が掛かってしまいましたが、イタリアの方は即決出来る、と以前テレビ番組でやっていました。本当かな?

スペイン広場といえば、ローマの休日でオードリーヘップバーンがジェラートを食べているシーンはあまりにも有名ですが、現在はジェラートを食べる事は禁じられています。オードリーのマネをしてジェラートを食べる観光客が続出したのが原因なんだとか。

実際に行ってみると、写真の通り階段は観光客だらけでとてもジェラートどころではありません。階段に座り込む人が多く、上るのに一苦労。素敵な階段のはずなのに、これだけ人が多いと魅力が半減してしまいますね。

ちなみに驚いたのが、公衆トイレが地下にあるとこと。景観が壊れないように隠されているのだとか。標識があるのでそちらを探せばトイレに辿り着くことが出来ますよ。スペイン広場にももちろんありました。

スペイン広場の階段を上り景色を見ると、やはり観光客が多いですが通りの向こう側まで見渡せ、映画の中に入った様な感覚になりました。

ローマの治安は決して良くなく、スリや詐欺等も結構あるのだそうです。先程のスペイン広場の階段にもジプシーがいたり、花を渡す詐欺の人がいたりします。(「プレゼント!」と言いながら花を渡されて、受け取るとお金を請求されるという有名な詐欺の手法です。)

今回私達のツアーメンバーの中でスリにあった方はいませんでしたが、たまたま運が良かっただけかもしれませんね。日本人は狙われやすい様なので要注意です。私達はパスポートやお金等の貴重品をシークレットウエストポーチの中に入れていました。

お財布は鞄の中に入れて持ち歩いていましたが、やはり盗られてしまうのが不安だったので使う分だけお財布にいれ、残りはシークレットウエストポーチに入れて肌身離さず持っていました。もちろんカード類も一緒に入れて。これなら外からみてもウエストポーチを付けていることさえ気づかれず、慣れない海外旅行でも安心して楽しむことが出来たので、心配性な方にはとてもおすすめですよ!

ちなみに、今回の自由時間はローマのスーパーマーケットに行ってみました。こんな観光客だらけの街ですが、小さな路地を入ると面白いことにスーパーマーケットがあるのです。ツアーでは土産店にちょくちょく立ち寄ってくれるのですが、観光客用の場所なのでパスタやトマトソース等が普通に買うより高い!ですので、スーパーに立ち寄った際にお土産を買うのがおすすめですよ。

Sponsored Links

ローマグルメ

店名は残念ながら忘れてしまったのですが、ツアーに組み込まれていたお店でピザを頂きました。

驚いたのがピザの大きさ。顔より大きかったです。厚み自体は余りないのですが、それが1人1枚だったので食べ切るのが大変でした。美味しかったけど、本場イタリアのピザ!絶品!!と言う程では無かったです。どうしても本場だと期待値が上がってしまいますね。美味しかったんですよ、ピザは。

ローマではNH VILLA CARPEGNA(NH ビッラ カルペーニャ)というホテルに宿泊しました。

そちらで頂いたのがサルティンボッカという、仔牛肉に生ハムをのせてソテーしたローマの名物料理。お肉の上にお肉を乗せるという発想はなかなか無いですよね。こちらもとっても美味しかったです!

ですが、ここまで野菜分が少ない旅でしたのでニンジンとほうれん草を喜んで食べた記憶の方が強いです^^;

イタリア旅行で気になったのが、生野菜を食べる機会が少ないこと。茹でたりソテーしたりした、火の通った野菜は↑の写真の様な感じで出てきたのですが、生野菜は朝食のビュッフェでたまにしか巡り合えませんでした。決して生野菜大好きな訳ではないのですが、いざ食べられないとなると急に恋しくなりますね。

初めての海外旅行で、自分自身が日本人なんだなぁと実感しました。美味しいイタリア料理でも、食文化の違いをひしひしと感じた、そんな出来事でした。

Sponsored Links

イタリア観光記事 他にもあります!

イタリア新婚旅行記~カプリ島編~青の洞窟は運が良くないと見られないらしい
イタリア新婚旅行記~ヴェネツィア編①~水の都は死ぬまでに一回は行くべき!
イタリア新婚旅行記~ヴェネツィア編②~水の都は料理も美味しかった!

イタリア旅行で驚いたこと6選
イタリア旅行はとってもおすすめ!良い所・悪い所をそれぞれご紹介

Sponsored Links

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。