お出掛け

雨でも楽しめる!2歳児とバスで富士サファリパークへ行ってきた感想・レビュー

どうも、あんまんです(`・ω・´)/

先日、我が家の2歳児と共に富士サファリパークへ行ってきました!

しかしながら当日は 生 憎 の 大 雨 Σ( ̄□ ̄lll)!!

どうなるか心配でしたが、結果としては雨の日の富士サファリパークも楽しめた!ので、今回は感想をつらつらと綴りたいと思います。「サファリパークに行く予定があるけど、もし雨でも楽しめるのかなぁ」と気になっている方は是非最後までご覧くださいませ。

Sponsored Links

当日の天気・移動手段等

我が家が富士サファリパークへ行ったのは9月の平日で、天気は大雨&時々雷というかなりの荒天でした。

御殿場駅近くの御殿場館に前日入りし、当日は御殿場駅からバスで富士サファリパークへ向かいました。

富士サファリパークの開園時間に合わせて午前9時頃に出発。所要時間は35分程です。平日ということもあり道も混雑することなく、バス車内もガラガラでした。

富士サファリパークが高台にあるので途中急な坂道がしばらく続きましたが、2歳児息子も酔う事無く辿り着けました。道中はのどかな風景が続き車窓を楽しむという感じではありませんでしたが、何とか静かにしてくれていたので助かりました。

富士サファリパークの入り口に着くと、そこには開園を待つ車の列が!

自家用車で来た場合はこの列に並ばないとなりませんが、今回はバスで来た為列に並ぶ事無く、すぐに入園することが出来ました。大きな荷物はバス停前の待合室内のロッカーまたは富士サファリパークの受付で預かって貰えます。

受付で入場券を購入して外に出ると、ジャングルバスがずらりと並んでいました!想像以上の大迫力で写真をパシャパシャと撮りまくりました

ちなみにこの写真を撮っていた時はまだ雨が降っていなかったのですが、10分後にはザーザー降りの大雨に見舞われるのでした(泣)

雨のサファリパークで出来たこと

ジャングルバス乗車

富士サファリパークのメインイベントであるジャングルバスへの乗車は雨でも出来ました!

3歳未満は無料なので、写真の餌は有料の大人2人分の量です。

熊用の餌(リンゴと人参)、ライオン用の餌(肉)、草食動物用の餌(ペレット)が入っていました。餌はハサミ型のトングで上げることが出来ます!

ちゃんと動物達がバスに寄って来るのか?半信半疑だったのですが、いざ乗車すると熊達が我先に!とジャングルバスに寄ってくるではありませんか!!

写真のように、2歳でも一緒に餌を上げることが出来ました。大人も大満足の迫力です!

ライオンもご覧の通りの驚きの近さ。

雌ライオンが多かったのですが、雄ライオンもバスに寄ってきていました。どのライオンが来てくれるかは運次第という感じですね。

草食動物の餌は黄色の餌箱に入れてあげると食べてくれる仕組みでした。この時はラクダ達が来てくれました!

ジャングルバスではこの他に夏季限定ゾウの水浴びや草食動物の展示等も楽しめました。

所要時間は50分程でしたが、熊、ライオン等のメインの動物が最初の方に出てきてしまったので、2歳児は最後の方は集中力が切れていました^^;

雨でチーターが居なかったことだけが残念(体脂肪率が低く雨に濡れると体温が低下してしまう為展示中止)でしたが、それ以外は通常通り楽しめました!

ちなみに確実にジャングルバスに乗りたい方は公式HPで事前予約することをお勧めします!

ライオンの赤ちゃんとの写真撮影

ライオンの赤ちゃんとの写真撮影は室内なので、雨の日でも写真撮影出来ました!

ライオンの赤ちゃんを抱っこする人数×600円という仕組みで、2歳児は抱っこ出来ないので、今回は私がライオンの赤ちゃんを抱っこして家族で記念撮影しました。

2、3枚写真を撮って貰った後はふれあいタイムの時間。2歳児は抱っこは出来なくてもふれあう事は可能です(写真撮影も可能)

これで600円は結構お安いのでは?と思いました。動物園や遊園地特有の写真の押し売り(押し撮り?)も無く快適に過ごせて良かったです。

ちなみに、4人全員それぞれ抱っこをして写真を撮っているグループもいらっしゃいました。太っ腹!!笑

ウサギの館入館

途中あまりの大雨でウサギの館に避難しました。こちらも室内なので雨の日でも楽しめました!

絵本に出来てそうなオシャレな外観。こちらも3歳未満は無料なので大人2人で1,000円で入館しました。

1人につきウサギ1羽を膝の上に乗せて30分間愛でまくれます。2歳児は写真の様な感じで隣で撫で撫でして楽しめました。

大人しいウサギを選んだので、膝の上に乗せて撫でるとウトウト……とリラックスしてくれてとっても可愛かったです!

その他に餌やりも体験できました。人参1箱50円で「ウサギさんお腹減ってるみたい」とせびられ2回餌やりしました^^;

富士サファリパークに来る前は別途入館料の掛かる館系(ウサギの館、犬の館、猫の館)は入らないだろうな~と思っていたのですが、実際に入ってみるとゆったりとした時間を過ごせてとても楽しめました!

雨の時の避難所にとてもとてもおすすめです。

動物への餌やり

雨に濡れながらではありますが、動物見学&餌やりも楽しめました!

ヒョウの餌やり。棒先についたお肉をあげます。

モルモットへの餌やり。「そんなに欲しいの~?しょうがないなぁ」とまんざらでもない我が息子^^;

リスザルへの餌やり。ペレットを入口付近に置くと手で取ってもぐもぐと食べてくれます。

この他にも展示の至る所に餌やりコーナーがあり、我が息子はどのコーナーでも「お腹減ってるみたい」と餌やりをねだってきました。笑

お世話好きのお子さんにおススメです。気づくと1,000円位は余裕で無くなりますが……^^;

写真撮影

そしてももちろん、写真撮影も楽しめました!

動物の種類によっては雨により屋外での展示が中止となっていたりしましたが、ほとんどの動物が通常通り見学出来ました。

この通り、ミーアキャットもライトの前でぬくぬくと暖をとっていました。

園内にはこんな面白い顔ハメパネルも有りました!

レストランでの食事

平日ということもあり、ゆったりとレストランでの食事を楽しめました。

レストランは何カ所かありますが、入口付近の一番混雑するであろうサファリレストランでもゆったりと過ごすことが出来ましたよ。写真は当店おススメと書かれていた富士山カレーです。

パン工房

今回は時間の都合上パン作りは出来ませんでしたが、屋内なので雨の日でも楽しめそうでした。

作るだけでなくパンの購入も出来ます。写真はゾウの親子パンです。

雨のサファリパーク!出来なかったこと

一部動物の見学

先程書いた通り、カンガルーやチーター等の雨に弱い動物は屋外での展示が中止となっていました。

雨の降り始めの頃に屋外にいるカンガルーをたまたま見かけたのですが、ジャンプすると滑って転んでしまっていて「確かにこれは危ないな」と思いました^^;

乗馬

楽しみにしていた親子ポニー乗車ですが、こちらも生憎の雨天で中止。怪我の可能性もあるので仕方ないですが、少し残念^^;

次来たときは絶対に乗ろうと思いました……!(60kgの体重制限があるので、次回の親子ポニー乗馬は無理なんですけどね……orz)

雨のサファリパーク!あると便利だった物

カッパ

特にサファリバスに乗る方はカッパを持っていくことをお勧めします。何故なら横殴りの雨だと濡れてしまうことがあるからです。

園内の見学も、いちいち傘を差すよりカッパを着ている方が楽に感じました。どうしても嵩張りますが持っていくと安心ですよ。

カメラ

写真撮影スポットが沢山あるので、カメラがあるとより楽しめます。防水対策をしっかりととることをお勧めします。

暇つぶしの雑誌やおもちゃ

今回はバスでの来園でしたので、雨宿りしながら帰りのバスまで暇を潰すのに子供向け雑誌やおもちゃが活躍しました。こちらは売店で購入するのもアリかもしれません。

滑り止めのついた靴

子供用の靴は滑り止めがついた物をおすすめします。園内の地面やトイレの床等滑りやすい所が多く、我が息子も2回程頭から転んでしまいました。手を繋いでいてもステーン!と転びます。ご注意ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

生憎の荒天で紆余曲折ありましたが、結果としては雨の富士サファリパークでとっても楽しめました!

滞在時間は6時間半程。午前9時半に入園して午後4時に退園しました。お子さんがもっと大きい場合は更にスムーズに回れると思いますが、2歳児位なら1日ゆったり滞在するのも全然アリでしたよ~!!

雨の日の富士サファリパークに行く予定のある方は、是非参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です